ごあいさつ


編み小物・布小物ハンドメイドショップ&編み物教室ボンエプーの

太田妙子と申します。

 

作家名の「みーこ」と呼ばれています。

※ちなみに「みーこ」とは子供の頃のあだ名です。

 

編み物は、母の影響で小学生の頃に始めました。

 

母の姿をマネして、菜箸を棒針の代わりにして編み物をしたりと、私の生活の中で当たり前のように編み物がありました。

 

中学生の頃、編み物教室に通い始めて。

編み機を買ってもらい、嬉しくて自分服だけでなく家族分も編んだり。

 

その後は、時間を見つけて編み物を。

子供たちが小さい頃は、昼寝や夜寝たあとに編み編み。

 

編み物のいい所は、始めるのも終わるのもサッとできるところ。

音がしないところ。

よく寝る子供たちだったので、編み物がはかどりました^^

 

二男が幼稚園に入園したのをきっかけに、手作りを本格的に始め、

ご縁があって、金沢市の雑貨屋さんに委託販売を開始。

 

屋号『ボンエプー』として、作家活動を始めました。

 

『ボンエプー』とは、フランス語のあて字で“いい夫婦”という意味。

誕生日が11月22日=いい夫婦の日でもあり、名前を決めた日が結婚記念日でもあり。

 

のちに、翻訳ソフトで調べたところ“いい夫”ということが判明。。。

でも、このまま続けています。

 

手作り作家と並行して、2015年春より編み物教室も開催。

 
生徒さんの完成した時の満足した顔が、私のやりがいにつながっています。

 

手作りの温かさ、手作りする楽しさをお伝えしていきたいと思います。

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

ボンエプー 太田妙子(みーこ)